【技術者と話せるカフェ】7/22(金)学生向け定期イベント

学生さん向け定期イベントのお知らせです!
就職を意識してインターンシップをする人、資格試験の勉強をする人、
夏休みを利用して自己研鑽しようという友人を見て
刺激を受ける時期かもしれません。

学生さんにとって、技術士の我々に会う経験もまた、
大いに刺激になるだろう!とご提案します。

最前線で働く技術士と意見交換する会のご案内です。

・イベント名:技術者と話せるカフェ
・対象:技術職に興味のある学生(大学院生、大学生、高専生、専門学生)
・日時:2016年7月22日(金)19:00-21:00
・場所:東京メトロ「神谷町」駅付近(申し込み後、返信でお知らせします。)
・内容:自己研鑽について
学生らしい自己研鑽って?
社会人の先輩・上司が求める新人への期待って?
技術士の人達は学生時代に何をしていた?

・参加料:飲食実費(500円程度)
・申込先:univ☆peyec.jp (☆を@マークにかえてください)
・定員:5-10名程度
・締切:7/19(火)

・参加メンバー
白井 化学部門 研究系技術者 男性
竹入  環境部門 水処理技術者 女性
(メンバーは予告なく変更になる可能性があります)

お申込みをお待ちしております♪

委員補佐 Takeiri

【御礼】 6月イベント:Can’t stop talking! How to keep an English conversation flowing 及び青年委員会国際グループ活動報告

皆さん、こんにちは。
今年もSteven Ashton氏を講師に迎えた恒例の英語イベントが無事完了しました。
田中委員長の流暢な英語での挨拶にはじまり、第一部のAshton 氏のワークショップでは前半はリラックスして話し続けるための導入として、ボティーラングェッジを用いてグループで指定された英単語の推測するところからはじまり、初級・中上級と上級にわかれて質問カードを用いて会話するワークショップを行いました。休憩を挟んで後半では尊敬する科学者・技術者を調べてメモし たものをもとに相手に紹介するという今回 初の技術的な内容を含んだ会話を行うという試みを行っていただき ました。

参加者の皆様がとぎれることなく楽しそうに会話されて いて、まさにテーマのどおりの「Can’t stop taking~」にふさわし い内容だったのではないかなと感じております。先生も参加者皆様を大変よく喋られる方ばかりでよいワークショップだったとおっしゃ られていました。
第2部では青年委員の国際ワーキンググループの活動として CAFEO/YEAFEOの活動報告を栗野委員補佐に、日韓技術士会の国際会議および親善サッカー退会について高橋委員補佐に、英語ワ ーキンググループの紹介について中川委員に発表いただきました。今回の発表をきいて国際グループ・青年委員の活動に興味をおも ちいただいた際はぜひ青年委員にお声掛け、またはお問い合わせください。

【連絡先】intl☆peyec.jp (☆を@に変えて送信下さい)

Ashton先生、栗野委員補佐、高橋委員補佐、中川委員、参加いただいた皆様、誠に有難うございました。 
DSC_0144
DSC_0243

ワークショップの様子

 

 

 

講師:Steven Ashton氏
DSC_0246

 

 

 

集合写真

 

 

 

 

青年委員会では今後もいろいろなイベントを企画いたしますの で、ぜひまたのご参加をお待ちしております。
横田 敬久 技術士(情報工学部門・総合技術監理部門)

【対象:小学生】7/30(土)技術士による夏休み理科教室・工作実験

みなさま、夏休みが近づいてきましたね。

昨年ご好評をいただきました、理科教室のご案内です。
今回は、ペットボトルを風車にして発電を体験できる内容です。
お子様達が楽しんで実験できるよう準備しておりますので、是非ご検討ください。

詳細は、添付のチラシをご覧ください!

技術士(化学部門) 白井一光
Dreams2016_04P
 

【6月イベント】Can’t stop talking! How to keep an English conversation flowing 及び 青年委員会国際グループ活動報告

皆さん、こんにちは。

委員補佐の栗野です。
今週末に開催される6月イベント「Can’t stop talking! How to keep an English conversation flowing
及び青年委員会国際グループ活動報告」の最終案内です。

現在(※)、若干お席に余裕がございます。
懇親会の受付は終了いたしましたが、英会話を学ぶキッカケを探している方や
青年委員 国際グループの活動にご興味のある方にとって、とても充実した内容になるかと思います。

※:6月21日現在

ご都合が良ければ、是非ご参加ください。

================================
※講師からのお願い※
ご参加にあたりまして、皆様のお気に入りの科学者・技術者を1名お考えください。
当日は10分程度調査時間を用意いたしますが、事前に1人ピックアップしていただくとより有効に時間が使えると思います。
================================

■Can’t stop talking! How to keep an English conversation flowing 及び 青年委員会国際グループ活動報告

■講師: Steven Ashton氏
講師概要:英国、ロンドン出身。University of Sussexで物理学を専攻、Imperial College, Londonで修士号取得。1997年に来日。現在は、大学、会社などで英語講師として従事。日本の中学、高校の英語教師に対する研修や文科省認定の英語教科書のレビューなども行っています。
また、声優、俳優としても活躍。声優としては、英国版「料理の鉄人」の服部幸雄氏の吹き替えとして、俳優としては、NHK教育の「基礎英語ミニ(2012)」のプレゼンターとして出演。最近では、「八重の桜」のペリー役としても出演していました。

■対象者: 一次・二次合格者・JABEE修了者の方

■開催日時: 2016年6月25日(土) 13:10開場 13:30開始~17:30終了予定

■開催場所: 葺手第2ビル5階 A,B会議室 (神谷町/日本技術士会会議室)

■参加費: 無料
(終了後、交流会【参加費:3500円】を行います。※懇親会申込みの受付は終了いたしました。)

■持ち物: 筆記用具

■問い合わせ

何かご不明な点がございましたら、以下のアドレスにお願いします。
event06☆peyec.jp(☆を@に変えて送信下さい)

ミニ全国大会@東北に参加してきました

委員長の田中です。

先週末、東北の青年技術士会主催のミニ全国大会へ参加してきました。

例年ならばこの時期に、我々関東のメンバーが全国の青年技術士を集うイベントを行っていたのですが、今年は11月に技術士全国大会が横浜で開催され、我々はその準備をしないといけないということで、東北のメンバーに全国の青年技術士が集える「ミニ全国大会」なるものを開催してもらいました。

その内容たるや、かなり密度が濃く、参加人数も50人にも及ぶもので、とても「ミニ」全国大会という規模ではありませんでした。ご用意いただいた「しおり」は120ページ以上の超大作です!

イベントの具体的な内容は、震災5年後の女川や石巻をめぐるテクノツーリズムということで、

仙台から女川へ向かう電車の中でSNSを使っての復興セミナー、現場に到着後は復興に関する座学やパネルディスカッションがあり、その後に実際の復興の現場を見て回るというものでした。被災した現場ということで絶句をしてしまうような場所もありましたが、実際に復興をしている現場などは活力に溢れており、人が生きていくとはどのようなことなのか考えさせられました。

また、そのような中、全国の青年技術士の仲間と交流し議論できたことは大変貴重な機会となりました。東北の青年のみなさま、準備はかなり大変だったと思いますが素晴らしいイベントに仕上げてくださり有難うございました。我々も横浜全国大会の準備を気合を入れてやっていきます!

横浜全国大会ではみなさまのご参加をお待ちしております。

DSC00584_

田中 雅人(技術士 電気電子部門)

【御礼】 5月イベント-課題解決手法の体系とその応用:クロスSWOT分析を用いた技術者としてのキャリア戦略作成演習-

熊坂治氏を講師にお呼びし、青年員会の5月イベントを行いました。

課題解決手法についてご公演をいただいた後、「なりたい自分」を考え、クロスSWOT分析を用いて目標達成のために必要なことを考えました。

日々の業務に追われると、「なりたい自分」を考えることさえもが少なくなるかもしれませんが、目標達成のためになにをすべきかを考え、それを話し合うというのは貴重な機会だったのではなかと思います。私もみなさんの発表を聞いていて、たくさんの気づきをいただきました。

熊坂さん、ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

青年委員会では今後もいろいろなイベントを企画いたしますので、ぜひまたのご参加をお待ちしております。

熊坂氏   講師:熊坂治氏

グループ発表  グループ発表の様子

5月集合写真_2

ご参加ありがとうございました!

丸山奈緒子
技術士(環境部門)

 

 

【6月イベント準備状況】Can’t stop talking! How to keep an English conversation flowing 及び青年委員会国際グループ活動報告

皆さん、こんにちは。

委員補佐の栗野です。

6月イベントの準備状況のお知らせです。

青年委員会の夏の風物詩になりつつある、英語ワークショップが今年も帰ってきます!

昨年に引き続きSteven Ashton氏を講師に迎え、更にバージョンアップしたワークショップを実施するため、昨日都内某所で打合せを行ってきました。

enclishWorkshop

Ashton氏と6月イベント企画メンバー

 

ワークショップでは英語を話すことを主な目的としつつ、ほんの少しだけエンジニアっぽい要素を組み込んでみました。さらに、英語が苦手な方、慣れない方にも気軽に参加していただけるよう、日本語アシスタントも配置致します。「ついていけなかったらどうしよう・・・。」といった心配はご無用です。

また、合わせて青年委員会 国際交流グループより昨年度のYEC-IPEJに関する活動報告も行います。参加した全ての方に満足していただけるよう、鋭意準備中ですので、ご期待ください!

 

■イベント名:Can’t stop talking!  How to keep an English conversation flowing 及び青年委員会国際グループ活動報告

■日時:2016年6月25日(土)

13時~:受付開始

13時30分:青年委員会 委員長より挨拶

13時40分~16時:英語ワークショップ

16時15分~17時20分:青年委員会国際グループ活動報告

18時~:交流会

■場所:葺手第2ビル 日本技術士会 会議室

■参加費:無料(交流会は別途。3500円程度を予定しております。)

定員:40名

■持ち物:筆記用具

■ 主催:日本技術士会 青年技術士交流委員会

■ 問合せ:event06☆peyec.jp (☆を@に変えて送信下さい)

■ 申し込み方法:5月21日より受付を開始いたします。詳細は別途ご案内致します。

 

栗野 美智子

修習技術者(経営工学)

5/27(金) 学生向け定期イベント「技術者と話せるカフェ」

学生さん向け定期イベントのお知らせです。

次世代を担う学生さんのために、先輩技術者と意見交換の機会を、ご案内いたします!

・最前線で活躍する技術者の実情や考えを直接聞けます。

・ご自身の意見を話して、アドバイスを得ることができます。

 

5月は新年度が始まったのにまだ気が乗らないという方もいらっしゃると思います。

意欲的な活動のキッカケに、みなさんの情報源としてお役に立ちたい!と考えております。

少し年上かと思いますが、普段着でお気軽にご参加ください!

 

■ イベント名:技術者と話せるカフェ

■ 対象:技術職に興味のある学生さん(主に大学院生、大学生、高専生、専門学生)

■ 日時:2016年5月27日(金) 19:00~21:00

■ 場所:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅付近(申込み後、返信でお知らせします)

 

■ 内容:

  1. 技術士のご紹介
  2. お互いの自己紹介
  3. フリーディスカッション、今回のテーマ「技術職に必要な資格って?」

・わたしの専門分野の資格だと○○、あと○○○かな?

・ぼくは英語も必要なんじゃないかと思うけど?

・技術士は、まだ実務経験・受験資格がないから、、、

・そもそも資格はどういう意味があるの? などなど

  1. その他なんでも意見交換会

 

■ 参加料:飲食などの実費(500円程度)

■ 申込先:Email、univ☆peyec.jp(☆を@マークに変えてください)

■ 定員:5から10名程度

■ 締切:5月23日(月)17:00(定員になり次第締め切ります)

 

■ 主な技術者参加メンバー:

田中、電気電子部門、設計系技術者、男性、34歳

瀧川、上下水道部門、調査系技術者、女性、年齢ひみつ

白井、化学部門、研究開発系技術者、男性、35歳

(メンバーは変更になる場合がございます。ご了承ください)

 

申し込みをお待ちしています!

 

公益社団法人日本技術士会 青年技術士交流委員会

委員 技術士(化学部門) 白井一光

5月イベント-募集枠の拡大のご案内-

2016年4月28日更新

「技術士一次・二次試験合格者交流会」から約1週間が経ちました。
ご参加いただきました皆さま、改めましてありがとうございました!

5月のイベントは合役者交流会にご参加いただいた方に優先的に参加の受付をしておりましたが、4/25(月)から募集範囲を拡大し、日本技術士会HPのCPD行事案内でも申し込みを開始することとなりました。

日々の業務に追われ、キャリアプランを見つめ直すための時間を作り出すのは難しいと思いますが、この機会にみんなで考えてみませんか。
皆さまのご参加お待ちしております。

■ イベント名:「課題解決手法の体系とその応用:クロスSWOT分析を用いた技術者としてのキャリア戦略作成演習」
■ 日時:  2016年5月28日(土)
13:00 受付開始
13:30〜17:30 講師による課題解決手法の体系の講演とグループワーク
17:30〜19:00 交流会
■ 場所: 葺手第2ビル 日本技術士会 会議室C・D
■ 講師: 熊坂治氏(技術士(経営工学部門、総合技術監理部門)、山梨学院大学現代ビジネス学部講師、熊坂技術士事務所代表、(株)産業革新研究所代表)
■ 講師略歴: 熊坂治氏は、1979年に東北大学工学部応用物理学科を卒業し、同年パイオニアに入社。2009年に独立し、熊坂技術士事務所を開設し、製造 業を中心とする技術経営コンサルティング業務を行っている。一方で、株式会社産業革新研究所を立ち上げ、ものづくりの課題解決を支援するポー タルサイト「ものづくり.com」を運営する。また、2010年より山梨学院大学現代ビジネス学部の講師をつとめて「ものづくり経営論」を教えている。技術士(経営工学部門、総合技術監理部門)。
■ 対象: 一次・二次合格者・JABEE修了者の方。
■ 参加費: 無料(交流会は別途2,000円)
■ 宿題: 事前に、70歳、60歳、50歳の自身の技術者としての姿を描いてきてください。
■ 持ち物: 筆記用具
■ 定員:  25名
■ 主催: 日本技術士会 青年技術士交流委員会
■ 問合せ: event05☆peyec.jp (☆を@に変えて送信下さい)

■申し込み方法:

おかげさまで定員に達しました。

キャンセル待ちをご希望の方は下記内容を「問合せ」にございますメールアドレスまでお送りください。

1.氏名(フリガナ)、2.性別(※):男性・女性、3.所属:、4.メールアドレス、5.技術部門、6.区分(※):一次合格・JABEE修了・二次合格、7.交流会への参加(※):する・しない(※ どれか一つを選択してください。)

以下の日本技術士会HPのCPD行事案内よりお願いいたします。申込みいただいたのち、担当者より受付完了のメールを差し上げます。お申込みの際には、「主催者への連絡事項」欄へ交流会への参加・不参加をお書きください。

(会員・準会員の方)
https://www.engineer.or.jp/kaiin/dmsw0200.php
(非会員の方)
https://www.engineer.or.jp/ippan/dmsw0211.php

丸山奈緒子
技術士(環境部門)

【御礼】4/16 技術士第一次二次試験合格者交流会

合格者のみなさま、あらためて合格おめでとうございます!
昨日の標記イベントにご参加いただき、ありがとうございました。

早足で振り返ってみます。

青年技術士交流委員会の活動紹介からはじまり、
前半のインタビュータイムでは、初対面の相手から何を聞き出せるか、
異分野の相手に伝わる自己アピールのキーワードは?
スタッフのデモンストレーションを参考に
短時間でお互いの共通点を探す交流で会場に早くも熱気があふれました!

後半は席替えをしてグループワーク。
わたしから「第4次産業革命」のお話をさせていただきました。
このテーマでみなさまの技術を出し合う活発な議論がなされました。
そしてお互いの技術を紹介し合う各グループの模造紙発表で
会場に一体感が生まれました!

そして立食形式の会場に移動して乾杯。会場には笑顔があふれておりました。

昨年は参加者だったのですが、この度は本イベントの幹事をさせていただき、
わたし自身の研鑽になったと感じており、ご参加の皆様に感謝いたします。

青年委員会スタッフ一同、みなさまの交流のお役に立てればと、
毎月イベントを用意しております。
これを機会に是非、青年技術士交流委員会のイベントをご活用ください。

白井一光
技術士(化学部門)