実施報告:学生と技術士の対話会(埼玉大学・日本技術士会埼玉県支部と連携)


今年度も残り少なくなってきましたが、12/15(金)に埼玉大学で「技術士の制度・仕事とは!」というテーマで学生さんに対して、技術士資格の紹介を行ってきました。

埼玉大学はJABEE認定課程(技術士第一次試験が免除となる教育課程)として工学部の建設業学科が登録されていますが、今回は技術士一次試験を受験する必要があるけれども技術士の資格に興味がある学生さんを対象に建設工学科以外の学科(機械工学科・電気電子システム工学科・情報システム工学科・応用化学科・機能材料工学科・環境共生学科)に対して告知を行いました。

最初に埼玉大学の重原工学部長から挨拶をいただいたのちに、以下の流れで説明や発表を行い技術士資格の説明や試験制度、それぞれの専門的な業務内容と技術士を目指したきっかけや取得後のメリットや産業構造や技術価値の移り変わり等を説明いただき30名近い学生さんが集まりました。

  • 「技術士の資格をとろう~技術士資格の活用について~」日本技術士会埼玉県支部
  • 「青年技術士交流委員会の紹介」瀧川委員
  • 「機能性樹脂設計をする技術士」 白井副委員長
  • 「レンズ鏡筒の設計者が技術士を目指すまで」鈴木副委員長
  • 「アンテナ設計と技術士資格と私」田中元委員長
  • 「組込みシステムの開発事情と技術士取得の利点」横田

質疑応答では学生さんからの質問で、「いきなり技術士は受験できないけど、その前に取得を考えるべき資格があれば教えて欲しい」「所属されている企業がどれくらい技術士や技術士会としての活動を理解しているのか?」など技術士について関心を持った質問が出たりしました。

最後に懇親会を通して学生さんたちとの相互交流の時間をいただき、スタッフ一同と学生さんの研究内容や業務内容、特許取得活動、技術士取得などについて対話できました。

今回は新しい試みとして、会社に就職してからでないとなかなか経験できない業務体験を各技術士が様々な専門的な視点で学生さんに紹介できたのではないかと考えております。学生さんも研究や就職活動で忙しい生活をおくられている方が多いため、就職してからの業務内容までなかなか想像することができないとは思いますが、これをきっかけに技術士取得も含めて就職後の業務内容についても考えていただけたらと思いました。

横田敬久 技術士(情報工学・総合技術監理部門)